『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 中編』vol.20

フユノ「何だよー!! ヨシミ。洋風居酒屋一軒レンタルしたんなら何人でも呼べるじゃーん!!」

 

キタ「来てみた☆ オシャレだね~!! 感心するよ~☆ スゴい!!」

 

その時、フッタの電話が鳴る。(着信音:コオロギ)

 

フッタ「もしもーし。あらー。えー!! 『ユ→』ちゃんじゃないの?!  あ。今日例の大手町の飲み会だよ~ん。あ。みんないるよ。今日揃ってるよー!! 何? え? 言いたい事がある? 電話をみんなに向けて?いいよー!!」

 

ユ→「(電話で) おたんじょーび おめでとー☆ トモさ→ん♬」

 

店員が注文していたケーキを持ってくる(40本近くのロウソク)

 

トモ「え!! いいのーーー?! えええーーーっっ??」

 

涙ぐむトモ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中