『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 中編』vol.11

制裁の時間

 

ヨシミ「バタ~ンQ→」

 

パタンとベットに倒れるヨシミ。

 

ヒデ「いや~。いつもながら >△<!!」

 

ヨシミ「ハイ。お茶。(ほうじ茶)」

 

ヒデ「(お茶を飲みながら) 結局、BABA-1ってハルナさんがまわりを使って自主ライブやりたかったんでしょ?」

 

ヨシミ「そーなんだよー。もー。アホかと思うんだけど。。お金の使い方が荒すぎ。。」

 

ヒデ「でも何で俺の『よもすがら』が優勝なの?」

 

ヨシミ「え~~~~~と(汗) 世界の事情的情勢情報関係経済ファンダメンタルによってるから~(汗)」

広告

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 中編』vol.10

ヨシミ「で、この後どうするの?」

 

ヒデ「渋谷~☆」

 

二人「いぇ~い!!」

 

渋谷まで歩く二人。

 

SHIBUYA109 の中を歩く二人。

(以下省略)。

 

ショッパーをたくさんもつヒデ。

 

ヨシミ「いや↑買ったね↑☆□▽□☆ ヒデちゃん♬」

 

ヒデ「買ってみたかったんだ!! 109で!! 大人だから大人買いっっ!!」

 

ヨシミ「うん。いいよね ♡>▽<♡ 分かるよ~☆」

 

お~い!! と数歩先に行って手をふるヨシミ。

 

ヨシミ「あっちに個性的なナウいショッププレイスがあるから行ってみよ→よ→☆」

 

ヒデ「わ~いっっ!! 行ってみましょ→!!」

 

で、数時間後~。。

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 中編』vol.9

4. チャーミーグリーン

 

ヒデ「いつでもあなたとチャーミーグリーン♪」

 

ヨシミ「いや~。いいものですね*・▽・*」

 

ヒデ「分かってんよ~!! 人前でLOVE×2するの苦手だって~。。」

 

ヨシミ「//=▽=// うん。。」

 

ヒデ「ナウなヤングアベックペアルックなう☆」

 

ヨシミ「なうなな~う!!」

 

ヒデ「み~せしめ☆」

 

ヨシミ「手つないで原宿でクレープ食べて((#ラフォーレ 行って~)) うん。いいよね !=▽=! クレープうまい☆」

 

横から食べるヒデ★

 

ヒデ「CHU~♡」

 

恥ずかしながらキスするヨシミとヒデ。

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 中編』vol.8

ヨシミ「いいけど。。あ~。裏工作ねー?」

 

ソーイチ「ソーイチ君頑張るからさ~」

 

ヨシミ「☆>▽<☆『よもすがら』優勝ねらい?」

 

ソーイチ「アレ?大変?飲み会の幹事って?」

 

ヨシミ「うん♡ 気抜けないよ~!! ガンバレ~☆ 楽しいけど~!!」

 

ソーイチ「ファイト、ビジネス自分☆」

 

ヨシミ「目指せ!! 飲み会ビジネスのプロフェッショナル!! ☆」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 中編』vol.7

3. よもすがら

 

ヨシミ「あ~。ちょっと!! 仕事中だから~」

 

ソーイチ「ヨシミ→。ヒデいないから気がラクで♪」

 

ヨシミ「ひどいよ。。ー_ー; ヒデ、深夜勤で働いてるんだから。カラオケの。。」

 

ソーイチ「たしかに俺とヒデは親友なんだ!! でもコレだけはさ~!!」

 

ヨシミの顔に手をかけて力を抜かせるソーイチ。

 

ヨシミ「何?」

 

ソーイチ「ヨシミネットワークの連絡先教えてー!!」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 中編』vol.6

ヨシミ「あ。えーと。。」

 

トウキ「爆走!! ◎×△してます!!」

 

フユノ「やばっ(笑)」

 

ハルナ「そーだったのか?ウチがどれだけトウキのこと好きか分かってんのか、コラ(怒)」

 

ヨシミを抱きしめるトウキ。

 

CHU→♡ とキスする。

 

ハルナ「//_ // !!  ウソ~(涙)。ホントなの~?」

 

トウキ「うん。ホントだよ~。*⌒~⌒*!!  ゴメン。。何もウソついてるつもりはないんだけどな。。いつ彼女いないっていってた。。??」

 

ハルナ「>_<;(涙) そ→いえば。。」