『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.31

ハルナ「気になる8位は??」

 

ヨシミ「いち・に・げた」

 

ハルナ「次~!! いきましょ!! 7位☆」

 

ヨシミ「よもすがら」

 

ハルナ「きたねーきたねー!! 6位☆」

 

ヨシミ「命日日々」

 

ハルナ「はい!! BEST ファーイブ☆5位☆」

 

ヨシミ「サワノフユノ」

 

ハルナ「はい!! よんよんよん4位☆」

 

ヨシミ「シャンシャンカーニバル」

 

ハルナ「おー!! 3位以内きたよー!! 3位☆」

 

ヨシミ「いたわり領域」

 

ハルナ「ついにきたよー!! ココまで!! 2位☆」

 

ヨシミ「君と僕」

 

ハルナ「1回戦のー!! ベースト1 !!1位☆」

 

ヨシミ「ホッピーステップ」

 

ヨシミ「以上8組でーす!! おめでとうございますー☆☆」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.30

ヨシミ「ハイハイ~。コレはですね、1位~8位までをボードに貼り出すシステムでーす!! 裏はね。マジックテープになってるよ~!!」

 

ハルナ「ハ~イ。ヨシミ~が3時間よなべーをして作っていた!! ボードぉ~!!」

 

 

ハルナ「では いきますかー!! 8位から!!」

 

ヨシミ「はい☆ お願いします!!」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.29

14. 1回戦終了~~◎

 

⇨1回戦無事終了~!! ピィーーっ!!

 

判定待ち

(審査員は62名のお客様全員)

 

ハルナ「結果~~~発表!!」

 

パチパチと大喝采拍手!!

 

ヨシミ「いや~。どうなりましたか~?ハルナさん?」

 

ハルナ「ハルナでいいよ。。どした??」

 

ヨシミ「1回戦激動の平成クローズアップ現在でしたね~>▽<♡ いや~!! 人生悲喜こもごも☆ さて、気になる結果は?? アシスタントの『みきえ』ちゃ~ん☆」

 

みきえ「ハイ!! みきえです☆ 今、結果発表のボード持ってきましたー!! (in マジックテープ式)」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.28

スズキ「(電話の横から) ×_×;」

 

モンク「と、いうわけだ。タバタ」

 

ホッピーステップ「祝☆1回戦突破~☆」

 

モンク「優勝したらどーする?」

 

タバタ「すごいんやないの~??」

 

モンク「高田馬場☆裏工作王やな!!」

 

タバタ「なるほどな~。。」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.27

13. ホッピーステップ

 

サトウ「スズキ~。ホントに辞退するのか?」

 

スズキ「あー!! 彼女がグアム旅行に当選したんだよ~~~~~ん♡」

 

サトウ「そ。そっか。。そりゃそーだよな。いいな~☆」

 

サトウ「もしもし」

 

モンク「モンクですぅ~。あー。すんません。えーーーーーー?? 辞退?またどうして?」

 

サトウ「~~~~~~~~☆◎□△▽×××で」

 

モンク「あー。スズキ。。さん。。そーいうことか~。。ウチらも海外に行けるような身分になりたいです☆」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.26

⇨続き

認定五段、袋ラーメン5袋×1000セットをいただく事になりましたので。1回戦敗退しまーす♡

 

タカヤツ「ラ~メン。ごっつ好きなんやなぁ~☆☆」

 

タカヤツ「みんなにラーメン配りまくる?そしたら優勝できるかもね~☆」

 

ギタ「そんな金どこにあるんやって。。アホか~??」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.25

12. いたわり領域

 

タカヤツ「どしてー?何でー?ウチらが1回戦突破決まったんだ~??」

 

ギタ「ルックスのおかげか~?」

 

バコッとツッコミ。

 

タカヤツ「認定五段さん。どうして負ける事になったんだろ?あれ?」

 

『認定五段よりメール』

 

⇨ 認定五段。タカヤツさんより1リットルビール×24本を100ダースいただくことになりましたので☆ 1回戦敗退しまーす♡

 

ギタ「う。。うれしい悲鳴だね~。う。うん。。」