『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.20

ヒデ「うん。でな。コツコツ営業する。ネットでも頑張る。で、カラオケでバイト料稼ぐ。と」

 

ソーイチ「分かった!! そのバイト料で俺が飲み会を開く。と」

 

ヒデ「つまり飲み会。。!! 「『よもすがら』な飲み会」を開いて仲間を増やす!! あのなー。100人でも友達になってくれたら結構BABA-1の会場に来てくれそうだよね?」

 

ソーイチ「いけーっっ!! 組織票→!!」

 

となりの人の声「組織票も実力のうち→!!」

 

よもすがら「??あれ??」

広告

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.19

9. よもすがら

 

ヒデ「勝~つ☆ 裏工作で隠蔽工作があるなら何でも出来るじゃないかー!! キラン☆」

 

ソーイチ「え!! 日本史に残るお笑い大会です!! えー。嘘だろ??」

 

ヒデ「いいじゃん☆何でも♪ 中堅以下芸人なんだから!!」

 

ソーイチ「何でも。ま、いっかー」

 

ソーイチ「どうするー?ヒデ→?『裏工作してください』って紙に書いてあるんだけど??」

 

ヒデ「。。。(5分後)えっとなー。俺、カラオケ屋でもう一度働く!!」

 

ソーイチ「え??また深夜勤するの??」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.18

キタ「前からそんなん分かってんじゃないのか~?カケガワ?」

 

カケガワ「純情なカケガワ君!!」

 

ハイ。といってスマホを差し出すカケガワ。

 

キタ「やぁー。アダチー!! どしてたー?! えっ~?アダチ、お前オケノさんに余ってた『めりでぃあんのごはん券(カケガワぐるめ)』全部あげちゃったのー?!」

 

アダチの声「(電話の向こうから) ども!! うん。命日日々に勝って欲しくって☆☆ そしたらマサヤさん、すんなり『1回戦でウチら負けるよ!!』 2回戦以降がんばってね~☆☆』だって!!」

 

キタ「あ、ありがとな。。アダチ。。恩にきるよ」

 

電話を切るキタ。

 

カケガワ「いや~。ごはん券役にたつねー☆」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.17

8. 命日日々

 

キタ「弔って欲しい。。」

 

カケガワ「あぁ。トウキ?」

 

キタ「ちがうよ。。ハルナさんに。。」

 

カケガワ「何で??」

 

キタ「ハルナさん。。何か好きじゃないんだけど。。その。。ハルナさんに5分の1位の純情な感情と5分の2位のヨコシマな感情(別名:下心)と5分の2位の損得勘定を抱いているんだー!! By.キタ」

 

カケガワ「損得重要視」

 

キタ「いや~。恋愛において純情な感情も大切だけど。。損得感情も5分の2位はないとツライからね~!!」

 

カケガワ「人生ブル→『ブルーなカケガワ』になった。。」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.16

ヨシミ「遊びたいんだよ。ハルナ。。ウチ、としやんにコレ言ったらなぐられそーだよー(汗)」

 

マサヤ「いや。。殴りはしないだろーけど。。ハルナが何かされそう。。」

 

ヨシミ「まぁ。けせらせら~。かな?」

 

マサヤ「まぁ。いいんじゃないの?」

 

ヨシミ「ぐっーーーーーーZZZ (寝たふり)」

 

ヨシミをそっと抱きしめるマサヤ。

 

マサヤ「ずっと一緒にいたいな、ホントは。。」

 

ヨシミ「♡>▽<♡」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.15

マサヤ「なー。お前、何言ったの?テルにー?」

 

ヨシミ「えー。あー。あのね。トウキがね。ハルナ旋風に困ってるんだって。。それでなんとかできないかな~~?って テルさんに頼んだんだよね。。」

 

マサヤ「トウキ? あー。あのイケメソ×500なやつね☆」

 

ヨシミ「うん。そーだね☆ 500? で、そのかわりにアップルチュートリアルが1回戦敗退ってことにしたんだ~☆☆」

 

マサヤ「あ~。流行の裏工作ね~。ダメだよ~。本当は。でも仕方ないよな~。参加者全員を勝手にハルナが選んでる時点で意図がみえみえだよ。主催のね」

『決闘 高田馬場!! 漫才決定戦☆!! BABA-1 前編』vol.14

トウキ「買って~♡☆」

 

ハルナ「トクノか~?お前。。ざけんなっ!!」

 

トウキ「これでも。。?! ♡」

 

ハルナをギュ~と抱きしめるトウキ。

 

ハルナ「えっ。。あ。。どしよ。。」

 

ハルナを押し倒して手をギュと握るトウキ。

 

ハルナ「う、うん。。分かったー。何とかお金の都合つけるよ。。ってどーしーよー(涙)」

 

ハルナに顔を近づけるトウキ。

 

トウキ「イーフロンティアだから♡よろしく~☆◎」