Sailent Excuse vol.9

*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:*☆*:;;;:

それからしばらくのち、ホテルの部屋。

ハルナ「。。。。。」

ソーイチ「ゴメン。。ヨシミの抜け殻扱いでゴメン。。」

ハルナ「う。。ん。分かってるよ。。それでも好きだからソーイチが。。」

ソーイチ「本当はお前にソーイチって呼び捨てされたくない。。ホントは。。逢いたいよ、ヨシミ」

ハルナをキツく抱きしめるソーイチ。

ハルナ「あの。。ウチはヨシミじゃないんだけど。。」

ソーイチ「本当はヨシミを抱きしめたいんだ。。逢いたくてもどうしても逢えないから、、つらくて。。だから代わりの人形になって。。」

心の中に悲しみが増すハルナ。。

ソーイチ「いっとくけど俺は本気で楽しくない。いやむしろむなしい。。。でももう苦しくて」

ハルナ「だからハルナなんだって。。」

ハルナの髪に手をあてて頬をそっとなでる。

ボンヤリした表情のハルナ。。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中