Sailent Excuse vol.31

悪い予感がするハルナ。悪寒がする。

ハルナの肩に手をかけるミッチー。

iPodのボリュームをあげるマサヤ。

その時、ヒロからマサヤにメールが来る。

マサヤ「ん?え?ヒロからだ~???何だ?え?何で俺にくるんだっっ?」

え??という顔をするハルナ。

マサヤ「うそだろ。。?オイ!! マジで。。」

ミッチー「ん?どうしたんですか?」

沈黙のハルナ。。

ハルナ「ねー。ヒロのやつエリちゃんと別れるらしいよ??」

ミッチー「今更何言ってんの??よくもってたな。。って??」

ハルナ「え?そんな仲悪かったのー?」

マサヤ「知らなかった。。」

ミッチー「これ。ナイショね。ヒロは最初から乗り気じゃなかったらしいんだよね。なんかエリちゃんがあわないって。。」

プシュ~と電車が着く音。

新宿~!! 新宿~!!

ハルナ「あー。新宿来ちゃったー!!」

いいんじゃない? という顔のマサヤとミッチー。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中