Sailent Excuse vol.23

ミッチー「俺、本当にハルナの事好きかもしれない。。」

ハルナ「え。。*・・*」

ミッチー「ハルナってよんでいい?」

ぎゅっとさらに深くハルナを抱きしめるミッチー。

ミッチー「遊びとからかいのつもりだったんだ。。でも本気な事に気付いた。。」

ハルナから体を離すミッチー。

ミッチー「バスルーム行こう」

゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。

お湯を入れる音。

泡立つジャグジーのバスタブ。

ミッチー「キスしていい?」

ハルナの頬にそっと手をあて深く口づけるミッチー。

キツく抱き合い一体化する二人。

ミッチー「愛してる。。」

ハルナ目を潤ませてミッチーを見つめる。

ハルナ「ずっと??」

静かにうなづきハルナをみつめるミッチー。

求め合い続ける二人。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中