Sailent Excuse vol.19

ハルナ「つきました~!! ボーリング場~!!」

マサヤ「いや~。久々ー千紀☆ 4年ぶりっっ!!!!」

ハルナ「ウチも2年半ぶりですよー!! ☆ ってか、マサヤさんに対して『ですます調』にしていいのか『タメ口』でいいのか迷う~◎」

マサヤ「タメ口でいいよ。ふだんは!!」

ハルナ「疑問? ヨッちゃんといる時はどんな感じなの?」

マサヤ「//・▽・// 言えなーい。。とても言えない。。」

ハルナ「はっきり言えー!! なんて呼び合ってんの?」

マサヤ「ヨシミって呼んでるよ~☆」

ハルナ「あー。そっかー。なるほど。。」

マサヤ「////」

ハルナ「何照れてんだ??」

あれ?という顔をするハルナ。。

ハルナ「そーいや、ヨッちゃんに何て呼ばれてるの?」

マサヤ「え、あっと『マッちゃん』だよ」

ハルナ「しらー。。考えられない。。どんな態度してんだろ??マサヤさん =▽=☆」

マサヤを見上げてニヤニヤするハルナ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中