夢見る頃は過ぎても vol.6

シュン「あのさ~。俺いけてないじゃん?」

エリ「ん?えー?そーかなー?でも急になんで??」

シュン「いや。。エリちゃんから見てどう見えるのかなー?って!!」

エリ「。。どう見えるかなって言われても。。フツーに芸人さんだと思いますけど~。。」

シュン「うん。”芸人さん”なのは分かってる。。いやさー男としてどう見えるのかなって??」

エリ「どっしり☆貫禄☆」

シュン「それ男として見えてないでしょ→???(苦笑)」

スープのスプーンを手持ち無沙汰にもつシュン。

シュン「まー。分かんないよね~。。難しいでしょ?この質問。。」

エリ「それって恋愛感情って事ですか???」

シュン「Just ぴんぽんぽんぽ~ん☆ ホントだよ、そうだよ。男と女として自分たちを見た場合どうなれるかなって??」

エリ「えええっっっ!! どーしてですか、急に??」

シュン「前からエリちゃんの事気になっててさ~。あのさ。メアド前のままでいいんだよね?電話はこのままと。。LINEかメールしていい?」

エリ「え。。ハイ。。いいですけど、、。」

しばらく黙ってポテトとハンバーグを食べる二人。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中