夢見る頃は過ぎても vol.15

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ガラガラ~。

バーの扉を開ける音。

オーナー「おはこんばんにちは~。しんごくん!! あれ?一緒にいるコ誰?見た事ないね~?」

しんご「あー。オーナーさん!! 僕の彼女ですよーってのは冗談です(笑)>▽<」

エリ「えっとエリって言います。。はじめまして!!」

少しキョドっているエリ。

微妙な距離の二人。(少し間をあけている)

オーナー「ま。いいから入口にいると邪魔になるから入って入ってー☆♡」

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

静かにコップやグラスを布巾で拭く音。

店内を流れるモダンジャズのBGM。 

オーナー「サンセット・オーシャンになります。ほい!!」

しんごに差し出すオーナー。

オーナー「ミルキーウェイになります。どうぞエリちゃん」

エリ「わー>▽< ありがとうございます☆」

びっくりして喜んでリキュールをみつめるエリ。

しんご「すごいっしょ?このカクテル、オリジナルなんだって☆☆ グランベリーの色がキレイっしょ?」

オーナー「銀河の悠久の時のイメージでつくりましたので。とかとか」

エリ「すごいですねー♡ >▽< オトナな感じしますー!!」

しんご「うまーい!! オーシャーン☆☆ オレンジきいてるー☆」

エリ「なんか=▽= 昨日ホント辛かったんでー。。ホッとしますー!!」

しんご「いやー。よかった、よかった。ホッとした~×▽×」

エリの横顔をじっとみるしんご。

ボブの髪をハーフアップにしているエリ。

しんご「いやー。思ってたよりもオトナっぽいね~☆ びっくりだよ」

エリ「え?普段、子供だってばかり言われるんだけど。。?」

しんご「えー!! 気のせいとかじゃないよー!! いい感じじゃん☆」

そっとエリの髪の毛に触れるしんご。

ビクッとするエリ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中